家具・家電まとめ

フィルターにこだわったコーウェイの空気清浄機「AIRMEGA」が日本上陸、さあ空気をキレイにしよう

特徴的なデザインフラッグシップモデル
日本電は独自の進化を遂げているものが多いため「海外では知名度があるものの、日本では意外と知られていない」というメーカーも多く存在します。そして、空気清浄機の開発・販売をしている韓国の生活メーカー「コーウェイ」もそのひとつ。

コーウェイ空気清浄機といえば、スタイリッシュデザインと、フィルターにこだわった空気清浄の高さ、同性空気清浄機とべて低コスト、といった理由で韓国アメリカなどで人気のあるブランド。このコーウェイで、空気清浄機のプレミアムラインである「AIRMEGA(エアメガ)」シリーズが、9月12日日本で発売されることになりました。今回発売されるのはコーウェイ人気AIRMEGAシリーズ3モデル4製品で、それぞれが使い勝手に特徴があります。

日本世界空気清浄機の違い

日本国内で発売されている電製品には、独自の発展をしているものが多くあります。たとえば、海外メーカー洗濯機ならば80度以上の「熱湯洗い」機は一般的。ですが、洗剤のクオリティが非常に高い日本では、湯を沸かす時間がかかり、電気代もかさむ熱湯モードは普及していません。

同じように、日本では空気清浄機も独自の進化を遂げています。特徴的なのが、日本メーカー空気清浄機プレミアムモデルは、多くが「加湿機」を備えていること。このほか「イオン」など、空気清浄以外にさまざまな機があることです。海外メーカー空気清浄機は、高価なプレミアムモデルでも、「フィルターによる空気清浄だけ」というシンプルなものが多くみられます。

今回コーウェイが発売するAIRMEGAシリーズも、「フィルターによる空気清浄」にこだわった製品。部屋の空気をたくさん吸気し、独自のフィルターで強空気をキレイにするといいます。加湿機がないため、メンテナンスシンプルで使いやすいそう。

とはいえ今回のAIRMEGA、じつは日本用に追加された機もあります。それが「抗菌HEPAフィルター」と「花粉モード」。グロバル市場では微粉ブロックするHEPAフィルター流ですが、日本で投入されるAIRMEGAには、HEPAフィルターに抗菌性も付加しました。また、花粉症に悩む人が多い日本のため、全モデルに「花粉モード」を搭載しています。

発表会で麗に登場したフラッグシップモデルAIRMEGA 400」

○あえて「見せる」フラッグシップ

AIRMEGAシリーズフラッグシップモデルが「AIRMEGA 400」と「AIRMEGA 300」の2製品。サイズAIRMEGA 400がW37D376×H580mmで、適用床面積48畳まで、AIRMEGA 300はW34D345×H538mmで、適用床面積が38畳までと、空気清浄機としてはそこそこ大きいサイズ。ですが、いずれも直方体に足がついたスツール(掛けのないイス)のような形で、「ザ電!」という感じのデザインではありません。コーウェイは、ぎわだけではなく、リビングの中央に置いても違和感がないので、大きくても置き場所に困ることはないといいます。

コーウェイによると、両製品の特長は量。AIRMEGA 400は毎分12.1立方メートルAIRMEGA 300は毎分9.7立方メートルと、とても強量です。AIRMEGA 400なら8畳の部屋の空気を約6分で清浄にできるといいます。大量にもかかわらず、AIRMEGA 400は最大運転音が51dBと、較的静かなこともあげておきましょう。

コーウェイがこだわるフィルターには、ホコリなどの大きなゴミブロックするプレフィルターのほか、「MAX2 Greenフィルター」を採用しました。MAX2 Greenフィルターとは、ニオイや有ガスを99除去する「活性炭脱臭フィルター」と、0.3μmまでの微粒子を99.97取り除く「抗菌GreenHEPAフィルター」を合体させたもの。集めたウイルスや有菌の99.9以上を不活性化するとのことでした。

MAX2 Greenフィルター寿命は、日本規格でテストすると5年ほどですが、汚れの多い実生活で1日8時間オートモードで使用すると、約2年で交換時期になるそう。洗い可なプレフィルターの掃除タイミングや、MAX2 Greenフィルターの交換時期は、本体のセンサーが「空気を吸い込んだ量」から判断して教えてくれます。

価格は両製品ともオープン。実勢価格はAIRMEGA 400が55,000円前後(税別)、AIRMEGA 30045,000円前後(税別)。専用のMAX2 Greenフィルターは本体左右に1枚ずつ、合計2枚を使用しますが、2枚入り(一回交換分)で約14,000円前後(税別)です。

下から吸気するAIRMEGA 600
○3方向から吸気! PM2.5にも有効なAIRMEGA 600

AIRMEGA 400/300よりも、一般的な「空気清浄機」の形に近いのがAIRMEGA 600。特長は、なんといってもフィルターが本体左右だけではなく底部にもある点です。本体の底からも吸気するため、床に沈む花粉ハウスダストといった重いも効率的にキレイにできます。

AIRMEGA 600は、なんとAIRMEGAシリーズ一、PM2.5の濃度をμg/立方メートル単位で本体の液晶パネルに表示できるのです。環境省によると、PM2.5の濃度は36μg〜70μg/立方メートルで「高感受性者は注意」、70μg/立方メートル以上で「不要不急の外出をできるだけ減らす」が安だそう。

価格はオープンですが、実勢価格は55,000円前後(税別)。専用のMAX2 Greenフィルターは、3枚入りで15,000円前後(税別)になります。
サーキュレーターとしても使えるAIRMEGA STORM

AIRMEGA STORMは、今回紹介したAIRMEGAシリーズのなかでも異色の存在です。最大の特徴は、部屋の気流をコントロールする「サーキュレーター」があること。本体の上部と前面から空気放出することで、部屋の気流を制御します。

上部と前面の両方から空気放出する「サークル気流」、前方向だけに空気を吹き出す「ジェット気流」、一般的な空気清浄機のように上部から空気を出す「ノーマル気流」と、気流を3種類から選択可。3つのモードを自動で切り替えて運転する「花粉モード」も搭載しました。

AIRMEGA STORMだけ、パッケージに3種類のフィルターが付属し、季節や環境にあわせてフィルターを「追加」できます。付属するのは、黄砂の時期に便利な「黄砂フィルター」、新築・リフォーム時に気になるホルムアルデヒドなどを除去できる「新築フィルター」、においが気になるときに使える「ダブル脱臭フィルター」の3種類です。

AIRMEGA STORMも価格はオープンで、実勢価格は45,000円前後(税別)。また、今回発売されたモデルのなかでAIRMEGA STORMのみ、活性炭脱臭フィルターと抗菌GreenHEPAフィルターが分かれています。フィルター価格は未定ですが、それぞれ3,000円〜4,000円前後(税別)になります。
倉本

画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です