家具・家電まとめ

家具をもっと気軽に自由に。“subsclife” にサービスリニューアル!家具との新しい付き合い方を提案します。

具のあり方を再定義する「Furniture 2.0」の実現をし、「IoT」と「サブクリプション」事業をグロバルに展開する KAMARQ HOLDINGS PTE. LTD. の日本法人であるカマルクジャパン株式会社渋谷区、代表 町野 健、以下カマルクジャパン)は、2018年9月13日(木)より、新しいサービスコンセプトsubsclife」のもと、具の新しい選択肢を提案いたします。

背景
1.具は購入するもの、という強い固定概念
ファッションや飲食の額制サービスが浸透しつつある中、住まいに関する額制サービス一般化に至っていません。その理由として、具は購入するものという固定概念に加え、レンタル具の認知が低く、またレンタル具は中古で、デザイン性に乏しいイメージが強いためと考えられます(※1)。

2.結婚・転勤以外に、更新による引越し理由の増加
引越し理由の要因であった結婚・転勤に加え、2015年以降「更新」による理由が増加(※2)。引越し先の間取りにあわせて具を都度購入することは大きな手間と費用がかかるため、額制具を利用することで、モノを所有せず、より気軽に自由に、費用を抑えた引越しができることが、より理想的な間の実現につながると考えます。

【「subsclife」がすこと】
1.サブクリプション具の価値を構築

2018年3月に、ニコラ フォルミケッティPJ Mattan をCreative Duoに迎え、世界メーカーとして、初めて額制具のサービス提供開始(※3)して以来、多くの反をいただきました。具のサブクリプションサービスが盛り上がる中、具のみにとどまらず、部屋・職場の中の生活も含めたサブクリプションを提案する “subsclife”のコンセプトのもと、サービスリニューアルスタイリッシュで旬なブランドの取扱いを開始します。

2. journal standard Furniture、ACME Furnitureの取り扱い開始
手頃な値段やサイズカラーバリエーションの豊富な具など、具購入の選択肢は増え続けてはいるものの、一般的にデザイン性の高い具はいまだ高額なものです。そこで当社では、subsclifeにご賛同いただいたデザインメーカーパートナー契約を締結し、当該ブランド具の取り扱いを開始します。今のライフスタイルにあった好みの具を、々の利用料で必要な期間だけ気軽に利用する新しい形を提案します。

1,2,3当社調べ

マルクジャパンは、より多くの皆さまにご満足いただくため、サービスの向上と「具は高い、買い換え・処分が大変」からの解放をし、新しい具のあり方を創造していきます。

【会社概要
会社名 :カマルクジャパン株式会社
代表取締役 :町野 健
事業内容 :具のサブクリプションサービス企画・開発
設立日 :2016年11月9日
URLhttps://subsclife.com/

配信元企業:カマルクジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です