家具・家電まとめ

縦長ルームエアコンなど未来の空調家電、常識を超えていくダイキン【CEATEC 2018】 | ニコニコニュース

縦長ルームエアコンなど未来の空調家電、常識を超えていくダイキン【CEATEC 2018】 | ニコニコニュース

エアコンはもっと自由でいい
千葉県幕張メッセ10月16日~19日にかけて開催されている、ITエレクトロニクス関連の総合見本CEATEC JAPAN 2018」。メーカーでは、今回初めてダイキン工業がブース出展しました。

ダイキンの技術開発拠点として、2015年11月大阪府摂津で設立された「テクノロジーイノベーションセンター(TIC)」。そこで生まれた最先端の調制御技術や、AIIoT融合によって2020年の製品化に向けたプロトタイプから研究段階のものまで、空気間にまつわる20アイデアコンセプト製品がお披露されました。

空気リラックス?

ダイキンブースでは、3つのテーマに沿って製品の展示が行われていました。テーマの1つは”暮らしをサポートする空気(未来の住間)”。その製品プロトタイプの1つとして、寝室を再現した間で開されていたのが、シーリングライト調製品を一体にした「Sheep Sleep」と、アロマ放出する「Chiffy」です。

Sheep Sleepは、睡眠中の体の動きをセンサーで検知し、温度や湿度、照明の明るさなどを自動で制御するシステム。おもしろいのが、一定間隔で天井シーリングライトから空気の塊のようなものが放たれること。これは手でトントンと優しく体をく動作を気流によって再現したもので、穏やかな振動によってリラックス効果と入眠効果を促すのが狙いだそうです。ベッドサイドにあるアロマディフューザー「Chiffy」とも連動してよい香りが漂い、入眠から起床までを心地よくサポートしてくれる仕組みです。

室内の温度や湿度に加えて、PM 2.5やCO2、ニオイなど、従来のルーエアコンでは実現できなかった室内の空気環境を管理する調システム「Beside system」も注です。室内の空気質を検知するセンサーをハブに、エアコンや空気清浄機など室内にある調機器をコントロールします。面にあり、外気と通ずる換気口のようなユニットIAQユニット」により、換気の制御までセンサーと連動して行い、トータルで室内の空気をキレイに保てるのです。新築でシステムを一括導入しなくても、ユニットの後付けで対応できるというのもポイントでしょう。

未来エアコンは「横長の四形」じゃない

ダイキンといえば、今年(2018年)に発売されたルーエアコン「risora」が、間調和を意識したデザインエアコンとして注されましたが、その次世代を担うようなルーエアコンのコンセプトモデル「risora unitary」も展示されていました。室内機は吸気口と送口のみで、熱交換器やファンなど、通常のエアコンでは室内にある部品を室外機側に設置しています。このため、四くて細長い一般的な「ルーエアコン」とはまったく異なる、新しい形を実現しています。室内機と室外機どちらも、薄い縦ユニットに収めるという画期的な形となっていました。

東京オリンピックまでにぜひ実現してほしい製品
○「軽井沢」を再現した

2つテーマとして掲げられた”感動とおもてなし(未来の商業間)”ブースで注を集めていたのは「Wind Creator」。避暑地の爽やか自然や気温、湿度、香り、風景を再現するシステムで、会場には実際に軽井沢高原で計測したデータをもとに、”1/fゆらぎ”、”大きな速の変化”、”体全体を吹き抜ける“を体験できました。

このほか個人的にに留まったのが「Outer Tower」。いわゆる屋外用エアコンですが、屋外イベント会場や共施設、休憩スペースなどに設置することで”クールスポット”を生み出します。1方向のみに送するのではなく、4面からを吹き出し、広範囲にを届けられるうえ、内部に熱交換器を備え、冷房を送り出せます。200Vの電さえあれば設置可です。今年(2018年)の夏の甲子園大会で展示されていたそうで、2020年東京オリンピックで、ぜひ屋外会場に導入してほしい製品です。

3つテーマである”働き方をサポートする空気(未来オフィス間)”のコーナーでは、今年(2018年)2月に発表された「CRESNECT」の取り組みを紹介。CRESNECTは、調機器から得たデータ活用し、パートナー企業とともに、快適かつ健康的・効率的・創造的オフィス間の実現や、新たな価値の創出をす協創ラットフォームです。第1弾プロジェクトである、事務メーカーのオカムラと共同で開発中の心拍測定チェアを展示し、心拍数など人の生体情報の変化からの前の物事に対する”関心度”を見える化するデモンストレーションを実施していました。
神野恵美

画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です